30代フリーターは仕事でも私生活でもダメダメ

正規の職員=正社員。非正規の職員=派遣・アルバイトということになりますが、現在の日本では、非正規の職員は約37%。つまり、10人に4人は正社員ではないということになるのです。非正社員=フリーターとなるのですが、特に、このフリーター層の中でも、30代以上の人が増えている現実があるのです。昔は30代フリーターというと、稀なケースで、大変だねなんて言われもしましたが、今では普通にいるというのが現実なのです。特にこの30代のフリーター。そんな生活をしている人にとっては、これまでサラリーマンや専門職でスキルや実績を積み上げている方はほとんどいません。この30代のフリーターの人の場合、この先も正社員への道は、ほぼ閉ざされています。

30代フリーターの受難

採用する側も、30代でフリーターとなると、何か問題があるかもしれないから採用しづらいとなるのです。一般的に、企業が求める人間は、まだ若く、成長の余地の大きな新卒や、十分に成長し、即戦力ともなり得るスキルのある転職希望者となるのです。30代フリーターは、企業にとって、雇うにはリスクが大きすぎるのです。20代のうちになんとかしないと、30代フリーターは完全に社会の底辺、ゴミのような扱いを受けることだってあるのです。この様に、30代フリーターは、あらゆるところで陰口を言われます。他人から見下され、存在を否定されることだってあるのです。そして、30代フリーターは仕事の面だけでなく、私生活の面でもデメリットが多すぎるのです。30代フリーターは恋愛対象外。結婚なんてもっての外。と思われる場合が多いのです。30代フリーターを気にしない彼女を作るのは相当ハードルが高いと思うのです。将来をともにするパートナー選びで経済力を求めるのは、当然といえば当然かもしれません。
就職するなら下記からどうぞ
30代フリーター就職

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です